お肌はなぜたるむのか?/タルミ・しわの原因

お肌はなぜたるむのか?タルミの原因、徹底追及
タルミの原因は、加齢がすすむにつれて引き起こされる、 細胞の衰退と減少が主な原因です。

弾力とハリのあるお肌
お肌のターンオーバーについて
お肌の細胞は、28日周期で新陳代謝を繰り返しています。
新しくできた細胞の寿命は28日間で、毎日絶えず新しい細胞と古い細胞の生まれ変わりが行われています。
このお肌の新陳代謝は、ターンオーバーと呼ばれています。
お肌のターンオーバーが乱れることにより、乾燥・毛穴の開き・ニキビなど様々な肌トラブルが引き起こされます。
タルミとシワの直接的な原因となる、コラーゲンについて
コラーゲンはお肌の真皮層と呼ばれる部分に、網の目状に形成されています。
シワやタルミのない若々しいお肌の場合、コラーゲンはキレイに整列しています。
しかし、加齢によってコラーゲン新しく作りだされることがなくなったり(コラーゲンの減少)、コラーゲンとコラーゲンを結ぶエラスチンの衰退、繊維芽細胞の減少によって真皮層の整列が乱れます。
その乱れがお肌の表面に伝わり、しわやたるみができあがります。
毛穴(けあな)とは?
毛穴とは、皮膚に存在する小さな孔(こう)のことです。
人間のお肌には、1cm四方に少なくとも20個はあるといわれており、この小さ孔(こう)から毛が生えるため、毛穴とよばれています。
毛穴のケアを怠ると皮脂が過剰に分泌され、角栓となって毛穴を塞ぎます。
そうなると、毛穴の機能は著しく低下し、毛穴の開きやニキビなど、様々な肌トラブルを引き起こします。
毛穴を清潔に保つには?
  • 機械によるピーリング
    メドライトC6/レーザーピーリング
  • お薬によるピーリング
    ケミカルピーリング・マクロゴールピール
コラーゲンとは?
コラーゲンとは、軟骨や腱など人間を含んだ哺乳動物のからだを作っているタンパク質のことです。
お肌の真皮層にあるコラーゲンが、お肌の弾力を正常に保っています。
加齢と共にコラーゲンの衰退やコラーゲンの減少が引き起こされ、お肌の弾力を保つことができなくなり、シワとタルミを引き起こします。
エラスチンとは?
エラスチンとは、コラーゲンと同様、タンパク質の一種です。
主な働きは、コラーゲンとコラーゲンを結びつけています。
エラスチン細胞が衰退すると、コラーゲンを正しく整列させることができなくなり、お肌の表面に溝ができてしまいます。
その溝がシワとなってお肌の表面に表れます。
若々しいお肌と、しわ・たるみができたお肌の断面図を比較
しわ・たるみができたお肌の特徴
コラーゲン・エラスチンの衰退と減少
お肌の内部にある真皮層内にあるコラーゲンの整列が乱れることにより、重力によってハリを失った真皮層は下方向に沈んでいきます。
当然お肌の表面も下に沈み、それがシワとなって表れます。
しわ・たるみを解決するには?
@機械で弱ったコラーゲンを蘇らせる
・リファームST(しわ・たるみ)
A注射で沈んだシワを埋める
◆ヒアルロン酸注射(しわ)
◆アクアミドジェル注入(しわ)
B注射で筋肉の動きを弱めてシワを解決する
◆表情ジワを取る注射
C血液内の皮膚再生能力を応用し、細胞を若返らせる
◆皮膚再生療法(PRP)/自己多血小板血漿療法(リジェンACR療法)
D特殊な糸で下垂したコラーゲンを引き上げる
・シルエットソフト(しわ・たるみ)
症状、部位、しわ・たるみの種類によって施術方法を使い分ける必要があります



無料カウンセリングで疑問を解決!
カウンセリングは完全無料でご用意していますので、どのような質問でも構いませんので、お気軽にお尋ねください。
また、ユリシスクリニックだけのカウンセリングを受けていただくだけでなく、他のクリニック様のカウンセリングも併せてお受けになられることをオススメします。
たるみの診療一覧
サイトトップへ>>
HOME
ページの先頭